FX 自動売買で生活!!

FXの自動売買の利益だけで生活しています。

どんなに餃子好きだとしても、町中華に出向いて喰いますよね(^^) 無料ストラテジー「66174146 - TimeTrade」(HFM)

 

残念ながらギョーザは主食にはなりませんからねぇ・・・(^^i)


無人ギョーザ「閉店ラッシュ」が止まらない…!それでも“オワコン化”とは言い切れない理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/78174eaf27d2a5cd98c645844e8620ae75869287

 

HFM - オンライン取引における世界的リーダー| 規制認可を受けたブローカー


新型コロナウイルス禍は、新しいビジネスモデルを生み出す契機となった。その中にあって、特に目を見張る急成長を遂げたものが、ギョーザの無人販売店だろう。


店内備え付けの冷凍ケースから顧客が商品を取り出し、店内に設置された料金箱に現金を入れる。こうした無人販売スタイルは、時として窃盗事件なども相次いで報じられたが、人との接触を避けられるとあって、コロナ禍を機にすっかり定着した。


ところがここへきて、全国で「閉店ラッシュ」が起きているという。


たとえば、ギョーザ無人販売店で最もシェアが大きい「餃子の雪松」(運営:株式会社YES)はどうか。同ブランドは2019年7月に無人店舗で冷凍餃子の販売をスタート。群馬県水上にある食事処「雪松」人気の味を再現した餃子は、「冷凍とは思えない美味しさ」との評判だった。


その結果、コロナ禍真っ只中の'22年には、全国400ヵ所以上への出店を実現。また、「'23年内に1000ヵ所を目指す」という経営陣の声も注目を集めた。


ところが、同社の公式HPを調べたところ、'24年6月時点の店舗数は、374店舗にとどまっている。すでにピーク期の10%ほどが、閉店を余儀なくされたというわけだ。


当然、全国シェアの大半を占める大手ブランドがこうである以上、他のブランドも閉店、そうでなくても苦境を強いられている状況は容易に想像できる。なぜ、ギョーザ無人販売店はここへきて「閉店ラッシュ」に追い込まれているのか。


「'24年現在、ギョーザの無人販売市場はすでに飽和状態にあり、ピーク期をすぎて、今は事業を整理するタイミングにきているのではないか」と語るのは、株式会社帝国データバンク情報統括部の飯島大介氏だ。


「私共の調査では、'20年度末にわずか131店にしか満たなかったギョーザ無人販売店は、'22年には1282店と、実に3年間で約10倍もの急拡大を見せました。また、ギョーザの無人販売事業に進出した企業も、『'21年度中』が最も多かったように、まさにコロナ禍で爆発的に増えたビジネスの代表格と言えるでしょう。


ところが、'23年の店舗数は約1400店と、すでに出店ペースは鈍化の傾向を見せていました。店舗の閉鎖や事業の断念といった動きも散見されており、今年は鈍化傾向から減少傾向に入ると予想されます」


そもそもなぜコロナ禍にあって、数ある冷凍食品の無人販売店の中でも「ギョーザ」だけがここまで急拡大を遂げたのか。ポイントとなったのは、〈参入障壁の低さ〉だ。飯島氏が続ける。


「まず前提として、コロナ禍を機にテイクアウト(持ち帰り)が普及したことが大きい。その上で、駐車場の中など省スペースでも出店可能でかつ出店費用も最も安いもので300万円からと、飲食業態としては非常に低いんです。また、無人なので人件費を抑えられ、かつ24時間営業も可能。総合して、セカンドビジネスとしてうってつけだったわけです」


事実、中華料理店や冷凍食品メーカーが参入したケース以外に、駐車場運営やクリーニング店など、他業種からの参入も多く見られた。


という、ギョーザの無人販売に翳りが見られている、という話題です。


そりゃ、この記事の通りコロナ禍に中食ブームが起こり、急激に需要が高まったのに乗っかった形だから爆発的に儲かったことでしょうよ。


でも、コロナが過ぎ去りもう2年は経ちますから、みんな外に出始めています。


どんなに餃子好きだとしても、町中華に出向いて喰いますよね(^^)


冷凍餃子でいつでも食べられるのは確かに良いですが、どんなに気に入ったとしても3回も食べればもう十分なんじゃないですかね(^^i)


さらに、今はコンビニも様々な冷凍食品に力が入れられていますし、スーパーも冷凍コーナーが大幅に拡大しています。


これらを相手に、しかも急激にしぼんだ市場で少ないパイの取り合いをしなければならない。


もう既にレッドオーシャンなので勝ちの目は無いですよね(^^i)


後は、さらにバズる「何か」を創り出すことでしょうかねぇ。


なかなか難しいとは思いますが・・・。

 

 

さて、今回はこのストラテジーについて。

 

 

66174146 - TimeTrade

もしかして平均足?ストラテジー

 

このストラテジーについては、過去に以下の記事で書いています。

 

タケノコの堅めの食感を残しつつ、メンマの美味しさを味わえる。無料ストラテジー「66174146 - TimeTrade」(HFM) - FX 自動売買で生活!!

 

これをやっても、富める者が益々富み、貧しい人たちは使い捨てられるだけだから、です。無料ストラテジー「66174146 - TimeTrade」(HFM) - FX 自動売買で生活!!

 

 

おそらく平均足を使っていると思われるストラテジーです。


このストラテジーについて、前回記事を書いたのは5月31日時点のことでした。


それ以降の状況を見ていきましょう。

 

 

 

 

順を追って見ていきますと、


最初に記事を書いた5月8日時点の利益は4870セントでした。


前回、5月31日時点では利益6505セント。


そして今回、利益は8011セントとなっています。


3週間で1506セントの稼ぎとなっています。


まぁ、現状は口座資金のうち3000セントほど含み損を抱えて越週しているところで、その含み損も差し引いての利益8011セントなので、実質的にはもっと稼いでいる感じですがね(^^i)


厳密な利益ということで、3週間で1506セントとして考えましょう。


月利換算すると・・・、だいたい19%ぐらいになるんでしょうかね?


このストラテジーの最大の武器は、含み損の少なさ、つまりドローダウンの低さでしょうね。


おそらく、今越週して抱えている含み損がこれまでで一番大きな凹みになりそうですが(^^i)


それでも、口座資金に対して20%程度の含み損で抑えられています。現状は。


そこに目を付けたフォロワーも多そうですね。急激にフォロワー数が伸びています。


今後、さらにフォロワー数は増えていき、某超人気ストラテジーのようにフォロー出来なくなるかもしれません(^^i)


その前に、フォローしておきましょうかね(^^)


こういう手堅いストラテジーが増えてくるのは非常に喜ばしいことです。


今後も低リスクの長持ちするストラテジーの台頭を期待したいですね(^^)

 

 

 

HFMでは2000を超えるコピーストラテジーで知識ゼロ、手間ゼロで金を殖やすことが可能です。


ご興味がおありの方は、以下のメールアドレス


gaudi15_ealife@yahoo.co.jp


までお気軽にご連絡ください。


HFMへの登録は以下のリンク

HFM - オンライン取引における世界的リーダー| 規制認可を受けたブローカー

 

からお願いします。


上記リンクより登録頂き、メールにてご連絡いただいた方に、私が実際に使って稼ぎ、生活しているストラテジー、その運用方法をお伝え致します。